読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじのブログ

漫画家、鈴木信也のブログです。日常のことやゲーム感想など

芸能人がアニメのアフレコに参加する問題

雑談

タレントさんのアフレコは是か非か


新しいアニメ映画や吹替映画が上映するたびに
その声の配役に、知名度のある芸能人がキャスティングされる事で
毎度物議が醸されてますよね。

ボクは比較的芸能人さんのアフレコ参加は賛成派です。

モチは餅屋に任せるべきだ、声優さんと俳優さんだと声だけの演技になった時
差が出るというのはあるのかもしれないですけども…

自分はアニメや声優にちょっと疎いもので、新しいアニメや映画が上映される時
やはり知ってる監督さんだとか声を含めたキャストの誰かが
知ってる人とかでないとちょっと入口として入りづらいな、というのが
ありますね…
まったく知らない作品でも入りやすくなるので、芸能人さんのアフレコはあっても
個人的には良いと思うんです。

さっそくなんですが、
ここでボクなりに考えた、芸能人アフレコのいい所、悪い所を挙げてみました。

 

吹き替えやアフレコに
超有名芸能人をキャスティングすると…


いいところ
アニメにそこまで興味ない人も観ようかな?というきっかけになる

悪いところ
声の演技りょ…


全員実力派声優さんでガッチリ固めると…

いいところ
声でクエスチョンマークを抱く事が多分無くなる

悪いところ
アニメ映画に興味のない人に
アニメを観るきっかけを与えるのが難しいかもしれない




もしもですね、ボクが何かを作る側に回った時、
その何かを作るのに時間もお金も莫大にかかっていて
どーしてもその何かを沢山売らないと次の何かを作れない…
という緊迫した状況下でしたら
やはり皆さんに手にとってもらう機会を増やしたいと考えるでしょうね。

制作者さん側に立って考えてみると、知名度のある有名人に声をあててもらって
色んな媒体で話題になって、少しでもPRしてもらいたいと考えるだろうし
声を気にする視聴者さんサイドに立って考えると
そんな有名人が声をあててなくても観るから!という事なんでしょうか?

この議論は、映画を沢山の人に観てもらいたい制作さんサイドと
ただ良質なボイスで映画を観たい視聴者さんサイドの対立なんですね。


そこで…! ボクが、長年議論の続いている、一向に解決法が見いだせない
この声の配役問題について
制作者視聴者どっちも納得させられるキャスティングを考えてみました…!


声にこだわる通たちもこれで納得のキャスティング案


・超ビッグな芸能人を思い切って観客Aや通行人Bにキャスティングする
これなら声にうるさい輩から文句はまずおきませんね。
ただ超ビッグな芸能人の方々が、その配役に首を縦に振ってはくれませんね。

・登場人物の配役全てを芸能人でキャスティングする
もう普通にそのキャストで実写映画撮った方が早いですね。

・無名だが超実力派の俳優さんをキャスティングする
知名度が高くないからそもそも集客効果がないですね。







う~~む こいつは 難しい… やはり長年議論になってるだけはありますね。
これはお手上げです。

こうなったら最終手段といきましょう……!




ステップ1

まず集客UPを望める、時代をときめく超有名人たちをオファーする

ステップ2
その超有名人に芸能活動を休業してもらい
アニメ専門学校に通ってもらう

ステップ3
一生懸命修行します

ステップ4
1年かかるか10年かかるか人によって個人差はありますが
一人前になったら、さあ製作発表の記者会見です!

f:id:shinya_sheep:20170127110702j:plain


あれ?誰も得しませんか?動画マンって神木くんの無駄遣いですか?

ボクは神木隆之介くんが必死に動画を描いたのを是非見たいですし
上白石萌音さんの仕上げしたセル画は絶対一味違うと思うし
長澤まさみさんが切った絵コンテを怖いもの見たさで見てみたいし
何より市原悦子さんが編集した作品を興味本位で見てみたいです。

どうですか…!?
実力をしっかりつけてから作画などの裏方に徹したら
誰も異を唱える人はいなくなるのではないでしょうかね……!?



あれ?今度は作画警察が黙っちゃいないですか?


ボクだけですかね…この超大作を観たいのは……