読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじのブログ

漫画家、鈴木信也のブログです。日常のことやゲーム感想など

ドラゴンクエストⅡ~ 悪霊の神々~発売から30周年によせて

ゲーム




ファミコン版「ドラゴンクエストⅡ ~悪霊の神々~」が発売されたのが

今から30年前の今日、1月26日だったんですね。

ボクが小5の頃でした。若い方は生まれてすらいない頃ですかね。
国民的RPGの2作目の発売30周年ということで、これを機会に
ドラクエシリーズ全体について語ろうかなと思います。


なにぶん30年という長い歴史のあるゲームなので、
ここでいったんドラクエシリーズの発売日と機種をまとめてみます。

ドラゴンクエスト
Ⅰ FC   1986年5月27日
Ⅱ FC   1987年1月26日
Ⅲ FC   1988年2月10日
Ⅳ FC   1990年2月11日
Ⅴ SFC 1992年9月27日
Ⅵ SFC 1995年12月9日
Ⅶ PS   2000年8月26日
Ⅷ PS2    2004年11月27日
Ⅸ DS   2009年7月11日
Ⅹ Wii  2012年8月2日

最新作の11が2017年発売予定とのことで
PS4と3DS(もしかしたらSwitchも?)でプレイできるらしいですね。
とても楽しみです…!!


今さら評論や批評も無粋な感じがする国民的RPGなので
今回は、それぞれの発売時に少年鈴木がどのようにして
手に入れてプレイしたかに焦点を当ててかる~く語っていきます。

 





Ⅰ.

記念すべきシリーズ1作目が発売された頃、ボクは小5でした。
ジャンプはまだ読んでいなかったので、発売日には全くドラクエの事を知らず
友達から「ドラゴンクエストってのが面白いらしいぞ」との口コミで知りました。

「あの鳥山明先生がキャラデザインしてる!かっけぇ~!!」

これが当時の第一印象で、もうやりたくって仕方ありませんでしたね…!
今はすっかりポピュラーですけど、当時RPGなんて見るのも触るのも初めてで
自分が主人公になって魔物退治の冒険に出るなんて
本当にワクワクしましたよ。

友達の家でプレイしてるのを初めて見た日から、自分もやりたくて
あちこちおもちゃ屋さんを探すのですが、どこにも売っていない!
もうドラクエ1の時からボクの周りでは大ブームになっていて
どこのお店も売り切れてて次回入荷未定な状態だったんですよね。

血眼になっていろんなゲーム屋さんで探しまくって、やっと見つけたのは
ファミコンソフトを全く取り扱ってない怪しい電機屋さんでした…

そこはコードとか部品しか売ってなくて、ダンジョンを潜るように
店の奥まで入っていったら、
なぜかレジの横にドラクエの箱を何箱も積んでたんですね。
値札もなくて、店主の怪しいおじさんに「これ売ってるの?」と聞いたら
定価の5500円と言われたんですね。値引き一切なしでした。
とにかく店主さんに「すぐ買いに行くから!とっといて!!」
とお願いし一旦家に急いで帰って
「早くしないと売り切れるから!」と親に事情を説明し
お金を握りチャリで汗だくになって、さっきの怪しい電機屋に買いに走りました。

ボクのソフトは近所の友達3人ぐらいで
ちょっとプレイしては復活の呪文(パスワード)をとって
次の奴にまわす、というシェアプレイをしてましたね。
まぁまだRPGのプレイの仕方がよくわからなくて、
ひたすらレベル上げをして最大の30までレベルを上げてから
ラスボスの竜王城に向かった気がします。


Ⅱ.

2が発売の事もまーだジャンプ読者ではなかったので
ドラクエの続編が発売されるとかそういう情報を全く知らなかったんですね。
本当に情弱でした。

発売されると、またボクらガキんちょの間で大ブームが巻き起こって
「今度は3人で冒険だって!?」とワクワクしたもんです。

またもボクの初動が遅れて、お店で探すもどこも売り切れ、
当時カートリッジロムのソフトは一度売り切れると次回入荷未定と
なってしまう事が多かったんですよね。

今度ばかりは…と諦めていると、クリアした友達に貸してもらえる事になりました!
ですが普通にプレイしてみると、2は1にくらべてかな~り難しく
けっこう序盤でいきなり詰まってしまいました。
諦めて友達にソフトを返そうとすると、
「最初から最強のパスワードあるよ!」との朗報が…

当時はファミコン雑誌も購読してなかったんで驚きでしたよね。
あの禁断のもょもとパスワードがボクらガキんちょのあいだで流布されていて
みんなソラで
「ゆうていみやおうきむこうほりいゆうじとりやまあきらぺぺぺぺぺ……」
と言えてました。
これ偶然じゃないですよね?プログラマーの方が仕込んだんですよね?

どうしても進まなかったので仕方なく、この禁断のもょもとパスワード
プレイしました。
が、最初から主人公のレベル48という反則的な強さ
ラスボスのシドーに会う時にはレベル50(最大)に到達していたにも関わらず
シドーに勝てなかったので、
まーた裏技で はかぶさの剣(はかいの剣+はやぶさの剣)を使って
ようやくクリア出来たんです。
反則的な裏技2つを駆使して、やっとクリアだなんて……


面白かったのですが、本当にシリーズ屈指の難しさで心折れかけました…

最後のほうの敵の強さ、本当にテストプレイしたんすかね…?


Ⅲ.

3発売の頃ボクは小6の最後ぐらいでした。
3はもうさすがに発売前から社会現象にまでなっていましたので
どこの店でも予約ができず、兄が寒い中大型店の前に並んで
発売日に買ってましたね。
3はボク以上に兄がハマッていて、発売日に買ったのにボクは
ずーーっと兄のプレイを横から見てるだけでした。

で、兄が全クリしたら冒険の書3を借りてやらせてもらう約束だったのですが
兄があまりに毎日のめり込んで徹夜してまでプレイに熱中するもので
見るに見かねた母がブチ切れてファミコン本体を家の外に投げました。
翌日ファミコン本体を見るとあっちこっち割れていましたが
その壊れた本体でもゲームは起動していたので
兄はその後も3をプレイし続けましたね。

びっくりするほどやり込んでランシールのバグ技まで遊びだしたりして
だいぶ遅れてボクはプレイさせてもらいました…


当時初めてプレイしたあの衝撃を越えるドラクエには
まだ出会っておりません…!

一番好きなナンバリングタイトルです!


Ⅳ.

当時ボクは中2でしたが、クラスではドラクエのアニメがまず盛り上がって
(打ち切り的な終わり方で大変残念でしたが)
ボクも女戦士のデイジィが好きでした。

ドラクエ4も発売してから周りで盛り上がりまくってましたが
相変わらず情弱なボクは発売日にまたしても買えないドラクエ難民となるのでした。

もうどこのおもちゃ屋にもないから、中古ショップならもしかしたら
早解きした人が売ってるかもしれないと探してたんですね。
そしてようやくボクが出会ったドラクエ4は
駄菓子屋がメイン、サブでゲームの買い取りもしているようなお店
今思うとその駄菓子屋さん古物商の免許とかとらないでやってたんじゃないかって
アバウトな買取システムのお店で…そのグレーな駄菓子屋さん、買い取りも中古販売も
価格がおじさんの言い値だったんです。

その店主さんは50歳ぐらいでいつ行っても同じジーパン履いてるんですが
いっつも同じのを履いてるから、元は紺色のはずなのに、
醤油で煮しめた色の濃すぎるビンテージのジーパンになってたんですよ。
ダメージジーンズってありますが、何年履いたらあんな醤油染みになるんだろう…

最初その駄菓子屋さんでもドラクエ4は置いてなかったので
がっかりして帰ろうとしたんですね。すると他の少年が売りに来たんですよ。
それを目撃した瞬間、ボクの耳が桜木花道よりでかい耳になってましたよ。
醤油ジーパンおじさんが仕入れたそのすぐ後に売ってくださいとお願いして
なんとか手に入れた思い出…


ボクとドラクエ初期作の出会いは、大体売り切れで発売日に買えなくて
まず買うまでがゲーム本編より難しい高難易度のクエストでしたよね……

そういえば3や4の頃はドラクエを恐喝される事件もありました。
ボクは幸運にも盗られずにすみましたが…


Ⅴ.

ドラクエがスーパーファミコンで出た初めてのタイトルですが
実家がベルマークの商品を換金して糊口をしのぐような経済状態だったので
スーファミ本体なんて全く買ってもらえなかったワケですよ……

高1の時に知り合ったブルジョワな友達が、スーファミ本体と
ロンチのF-ZERO、スーパーマリオワールドを貸してくれたんですが
兄がF-ZEROにハマりすぎてアクセルボタンを強く握りすぎて
コントローラーがバカになっちゃったんですね。
もちろん返却時にものすごく怒られましたが…

それから1年ぐらいスーファミは買ってもらえないしで、もう諦め気味でした。
高2の時、当時もうジャンプは愛読してたんですが
本誌でキャッチフレーズグランプリというのをやってまして、その賞品が
スーパーファミコン本体+ドラクエ5が発売日に届く というものだったんですね。

ボクはもう漫画の投稿作を描いていた時期だったのですが
ジャンプも深く読み込んでたので、親父から余った年賀ハガキを全部もらって
当時の連載漫画20作全部にキャッチフレーズを考えて応募しました。

大賞とかには引っかからなかったのですが、幸運にも努力賞に引っかかり
(そもそも本体+ドラクエ5の努力賞は500名とか超々太っ腹だったような)


発売日にSFC本体とドラクエ5が家に届きました。やった~~~!!!


そんなに懸賞に当たった事もなかったので、人生で最高に嬉しかった瞬間です。
その頃のジャンプの当選発表者一覧には自分の名前が載ってるハズです…


Ⅵ.

せっかく5の時に懸賞で当たって手に入れたスーファミですが…
その後ソフトの値段が1本1万円越えとか高くなっていって
ちょっと手を出しづらくなっちゃったんですね。

高校に入ってからは怪我で部活も辞めちゃって、年がら年中勉強もしないで
投稿漫画ばっかり描いていたので、ゲーム自体あまりやらなくなったんですね。
で、この6もちょうどゲーム離れしていた頃で、発売日には買わず
大人になってから借りてプレイしました。7より後の話になります。


Ⅶ.

あのドラクエが任天堂以外のハードで発売された初めてのタイトルですね。
これまではロムカセットだったドラクエが
初めてプレステのCDロムでの発売だったので
増産が早くできるのか、売り切れで当分買えないという事も
なかったような気がします。

当時はジャンプの新人漫画家時代で、その時の担当さんと
ドラクエ7の進捗報告をしあっていたような…

プレイ時間100時間越えの大変ボリュームのある作品で
どうしても石板が見つからず攻略サイトにも頼っていた気がします…


Ⅷ.

ドラクエ8はPS2で出ましたよね。当時はミスフル連載中
いつもは買ったら即プレイだったのですが、連載中だと
1週間に数時間しか時間がとれないので超ゆっくりプレイしてましたね。

グラフィックがものすごく進化したなあと驚きました。
ラスボスの音楽がノリノリでとてもかっこ良かったですね。


Ⅸ.

当時自分で予約もしていたんですが、
ちょうどVジャンプでお仕事をさせていただいてた時期で
お仕事の縁でスクエニさんからⅨをいただけたました。
こういう時ゲーマー冥利につきるなと思います。

最初は携帯機でドラクエ!?と少し抵抗がありましたが
ゲームはとても面白かったです。
メタルキングと出会えるまさゆきの地図が流行りましたよね。




11はPS4版をプレイしようと思っていますが、
あそこまで見た目が違うと結局3DS版も見てみたくてやっちゃうんだろうなあ…

最後は、記念すべきドラクエ2発売日ということで
ドラクエ2の3人を描いてみました…!

f:id:shinya_sheep:20170126183932j:plain
これからも死ぬまでドラクエシリーズをやっていきたいですね……!!