ひつじのブログ

漫画家、鈴木信也のブログです。日常のことやゲーム感想など

これまでの人生でグサッときたひと言①


f:id:shinya_sheep:20170117191512j:plain

 



f:id:shinya_sheep:20170117182250j:plain

 


いや~~あれから30年ほど経ちますが
毎年ホワイトデーが近づくたびに思い出しますねぇ…
それくらい衝撃の一言でした。

あの日あの時誓ったんですよ。
「全国のホワイトデーの浮かれリア充共を片っ端からつねってやる!」と…


フフフ…二人共ありがとう…君たちのおかげで非リアモンスターニナレタゼェ
皆さんも非リアを名乗るなら、バレンタインかホワイトデーのいずれかで
こんぐらいのトラウマエピソードを持ってないと
天は認めてもボクは断じて認めませんからね…(涙)

ボクが過去に言われた、1000の呪いの言霊のまず1個目、
はた迷惑な封印をここに解き放ちました…。
ボクが自動改札に間違って千円札入れようとして
「切符買えないな…切符…」と立ち往生する、とぼけたおじいちゃんになる前に
何としても残りの999個の呪いの言霊を解放していかなきゃいけませんね。

それにしても、どーしてあの時ホワイトデー目前にして
全くそういう話に縁のないボクが呼ばれたのか、何日も何年も何十年も考えましたが
未だ真実(こたえ)は出ていません。
足の速い子とは家が比較的近かった位でテニスの子に至っては
全く接点もなかったのに…

しかしリア充ぶりを齢12歳で見せつけられましたよね…
ワシが女性様から一個もチョコをもらってないのを察してか
「鈴木も一緒にチョコ買う?」って問いは、あの時絶無でしたよね。

ボクと別れて2人楽しくエスカレーターをのぼっていく光景…

もしボクがベルセルクのガッツだったら
あれが片目に映った最後の光景になっていましたよね。
いやーあの時あの2人を贄として捧げてたならば、ベヘリットがあったならば…
間違いなく蝕が起きていたかもしれませんな………。

 

 



最後に…
全国のリア充のおッ友ッ達~~!
ホワイトデーのお返しを買いに行く時は誘う友達をしっかり考えような~!
非リアは一生もんのトラウマしょっちゃうからね~
お兄さんとの約束だぞ~~!(号泣)


皆様にもこんな思い出の一つや二つ…あるでしょうか……?