読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじのブログ

漫画家、鈴木信也のブログです。日常のことやゲーム感想など

ミスフルの時に作画で苦労した思い出①

漫画・イラスト

最初に


先日、ツイッターに上げるためのミスフルの年賀絵を数年ぶりに描いてて
思ったんですよね…

「あれ…?頭の中には完璧な理想形が出来上がってるのに…
絵がそこに追いつかない…」

本当は、バリバリ達者な理想のビジョンが確かにボクの頭に描かれてたんですよぉぉ!!

でも哀しいかな、それをうまく出力できないんですよぉぉぉ(魂の叫び)
ただのブランクだと思いますけども…

ボクの頭の中の4Kテレビは いつだって超高画質のハイビジョン放送の

ハズなんですよ。

アレ これってボクだけが4Kテレビ画質だ!…って思ってる?
ホントはボクの描画スペックは壊れた白黒テレビ並なのでは?
よく見るとテレビの上に室内アンテナついちゃってます?
あちゃー室内アンテナは画質最悪だぁぁ!!

f:id:shinya_sheep:20170114200700j:plain


ここでいう画力がついてこないというのは、とにかく
理想としてるゴールの絵より画力の至らなさから大分パチくさいものが
仕上がる人の事を言います。

 


たとえ理想が高くて地上デジタル放送でも、腕が旧式ブラウン管テレビなんで
ボクのだけまだ地デジ受信できなくて画質悪いままなんですね…


「絵の上達は、ひたすら描くしかない!描いて描いて描きまくる…!」

鍛錬こそが上達への道…!!
確かにそうだと思います。ボクも10代~20代の
アシスタント時代に、毎日バリバリ何でも描いてた頃は
自分の向上していく画力に自信がありました。

が…何年も連載しているとある程度の所で絵が固まるんですよね。…何故…??
(ボクだけなのかもしれませんし、
努力がただ単に足りなかっただけかもしれませんが……)
とにかく毎週毎週数こなす事を要求されるので脳が絵の向上を
拒否してしまったんですかね…
で、今に至っても一向に上手くなってる気配がないですし…


で、考えるワケですよ。
ひょっとしたら画力とか絵心ちゅーのは、野球選手の球の速さとか
マラソンや短距離走の足の速さと同じで
けっこう天性的なもんが絡んでるんじゃないのか???って…。

こんな考えは、限界まで努力もしていない人間の言い訳であって、
とてもみっともよくない事だってのはわかってるのですが…

アシスタント時代によくあったんですよね、
ボクより遥かに後から入ってきた若い後輩に
たった一ヶ月であっさりボクよりすごい原稿まかされてたりして
とてつもない絵に対する敗北感と劣等感を感じたりなんて事が…

投げ込めば投げ込むだけ球速が速くなるなら、野球少年は皆
大谷くんになれるハズだけど、たぶん現実は
大谷くんになれる前に肩壊しますよね。
絵の世界にも、そういう事ってあるんでしょうか…


画力に自信のある方って、わざと難しい絵を選んで描くんですよね。
カラオケでも歌が超うまい人と行くと、ハモッたりわざとすんげー難しい
曲を選択するじゃないですか…?

もうね 画力がアレな人は、描くのが超めんどくさいものとか
おのずと避けちゃうんですよぉぉ

困った時はもう、主人公たちのバストアップでどーーんなワケですよ!!!

f:id:shinya_sheep:20170114174548j:plain

ほら? ミスフルで嫌というほど見た構図でしょ??
す~~~~~ぐ そういうの描くんだから~~~
  



あ゛あ゛あ゛あ゛画力ほちぃぃ~~!!!

わざと電柱のトランスとか壊れた古城とか大軍勢とか
クッソ難しい背景をバックに超難しいポーズを選択して描きたいぃぃ!!!

f:id:shinya_sheep:20170114200753j:plain



なんかもう…熱量が違いすぎる………


もうこの際、20年ぐらい己の一向に進歩してんのか、してないのか、
よくわからん画力について考えてみました。
同業者の方やイラストを描かれてる方で、自分にも思い当たることがある
絵にお悩みの方はどうぞどうぞウェルカム…!

絵が上手すぎて上手すぎて、リアルで可愛い子があえて変顔するみたいに
あえて雑にラフっぽく仕上げるとかしちゃう、
腕におぼえがありすぎる方はブラウザバックするか
その画力スキルをボクに分けてください。

漫画家にとって絵は表現に絶対欠かせない武器!侍の刀と等しきもの…

これからはボクが漫画家やってて身の上であった
画力トホホ漫画家(ボク限定)あるあるです…

デッサンずれが遅れてわかる


絵を描いていてデッサンがずれそうな事にすぐに気付けるかどうかが
絵の上手い、上手くないの違いかなと思います。

ボクは描いてもすぐにデッサンずれに気付けないんですよね。
歳をとってから筋肉痛が一日遅れてやってくるみたいな感じで
自分の絵のダメなところにその場で気付けないんですよ。
何日か寝かせておけばわかるんですが連載中にそんな時間ありゃしないワケで。
それで役に立つのが、原稿のウラから透かす という方法でしたね。

何でか原理は知らないけど、ウラから透かすと絵が左右反転するんですが
デッサンずれのある絵はここですぐ、おかしいとわかるんですね。

下書きを透かしてみて
「うぎゃ~~こいつとんでもねぇ所に目がある~~」
「左目ちっさ!!」
と阿鼻叫喚なワケですよ。



これから漫画家超入門者あるある言いますよ。言いたいんです。言わせてください。

「キャラの、向かって左向きは描きやすいけど右向きは苦手~~」

これ右利きの人あるあるで…漫画描き始めた時に、
いつか解消されるだろうと思ってだましだまし続けてきましたが…

20年一向に解消されませんでした…!!!

右向き描いて裏から透かすとたまにすごいデッサンずれ見つかるんだよな…


ある時、とある漫画家仲間さんに右向き左向き問題を話したら

「そんなもんサラッと描けない奴は漫画家じゃねえ」


と断言されましたとさ…   …おしまい(雲)
いやほんとその通りすぎて反論の余地なかったですもんね…


ブログを開設して、長年抱えていた画力で苦労したことを綴りたいと思ったのですが、挿絵に思いのほか時間がかかってしまい…前・後編とわけます…!!

その②へつづく