読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじのブログ

漫画家、鈴木信也のブログです。日常のことやゲーム感想など

もう一度食べたい!!駄菓子ランキング① 30位~16位



皆さんが駄菓子と聞いて思い浮かぶものって何でしょう?
駄菓子の王者、うまい棒でしょうか?それともきなこ棒でしょうか?

ボクが一番に思い浮かんだのは10円ガムの謎のフレグランス新香水の記者会見の
新庄さんでした…! 
この前、とある雑誌でモデルになっている新庄さんを見ましたが
なぜかボーズになってました…… ど…どうして…?
髪が長い方がカッコ良くて好きなのに…

 



うちのガキんちょを連れて買い物に行く時、
まぁ100%お菓子を欲しがるワケですよ。
毎回100円以上するお菓子は買ってやれないので
おのずとスーパーにある駄菓子コーナーで選ばせるワケですよ。
そうすると、自分も子供の頃食べていた懐かしい駄菓子に遭遇するワケですよ!

ボクも超欲しくなるワケですよ…!!

ボクも一緒になって食べちゃうワケですよぉぉ!!!

独身時代、コンビニやスーパーに必ずあるお菓子コーナーを見て
なんで単価の安い駄菓子なんか置いてるんだろう?儲かるんかな?と
不思議に思ってたんですが…
今ならあの駄菓子コーナーの有難さがわかりますね。
まぁ41歳の今になっても駄菓子むさぼってるわけですよ…



前にテレビで経済評論家の森永卓郎さんが
「買い物を節約する術」ってのを教えてくれてたんですね。
"ハラ減った状態で買い物行くといつもより沢山買ってしまうから
ハラを満たしてから買い物しろ"というのが節約術だったのですが…

何を思ったか森永先生、持参してきたうまい棒をおもむろに取り出し
店の前でムシャムシャ数本食べお腹を満たして買い物スタートするっていう
パワープレイをしました。
普段からやってる方法だっておっしゃってましたが
本当にそんな顔バレまでしてる有名人が店の前でうまい棒食ってますかね?

そもそもスーパーの前でうまい棒むさぼるおっさん見た事ないんですけども…



ではここから、ボクの独断と思い出だけで決めた
もう一度食べたい!駄菓子30位~15位までの発表です!!




30位.蒲焼さん太郎
さん付けしたうえで太郎もつける。謎のネーミングセンスですね。
駄菓子って秒なセンスのネーミング多いですよね、「太郎」が多い印象です。
あの大衆のごちそうの定番ともいえるウナギの蒲焼はパッケの写真のみで
中身は決してウナギの蒲焼ではない…
謎のペラペラした噛みごたえのある何かです(形容しづらい!!)
子供ながらに「どこが蒲焼なんだよ!」なんて文句の一つも垂れながらも
10円で一日中クッチャクッチャしてましたね。
酸っぱい酢だこさん太郎も好きだったなぁ…


29位.宝石箱
オーーイ!!いきなり100円のアイスかよ!1個100円の高額アイスなんて
駄菓子とは呼べねーぞ!! …なんてツッコミきそうですね。
そもそも駄菓子の定義って何でしょう?10円~90円位がそう呼べるんですかね?
いきなりクッソ古い商品でごめんなさい!絶対今の若い子知りませんよね。
あのピンクレディーがCMしてたんですが…
そもそもピンクレディーからして知らないでしょ?
全身ピンクの金粉塗りたくってコントする女2人組お笑いコンビでもなければ
やらしー事を配信する業者の女性でもないですよ。
まぁ国民的な人気の女性2人デュオアイドルが昔いたんです。

駄菓子屋でも1個100円のアイスを買うガキはいませんでしたね。
30円とか50円のお手頃アイスが当時はバンバンありましたから。
100円アイス買う子供はもう財閥の跡取りか石油王の子ぐらいでしたよね。

アイス自体は、黒いセレブ感のある四角い箱に入ったバニラアイスです。
その白いバニラの上にフルーツ味の宝石のようなキラキラした
ジェムみたいなのがあしらってあるだけでしたね…
今でいうハーゲンダッツみたいな一段上の高級アイスって感じで
憧れのアイスでありました…
1,2度だけ我がボロ家の食卓に上った記憶が…
残念ながら今この商品は売られていません。復刻…してくれないかなぁ…


28位.都こんぶ
「え!?こんぶがお菓子になるんですか!?」
これ江戸時代とかの甘い食べ物がない時代の子供が食ってたやつでしょ?
昭和の子供がそんな、こんぶだなんて…と思ってました。
だってただの酢こんぶですよ。
ところがどっこい、ガキの間でメッチャ流行ってるワケですよ。
なんでみんなクッチャクッチャしてんだろーなとためしに1枚噛むワケですよ。
こんぶから染み出てくるすっぱ汁がたまらねぇぇぇ なワケですよ。
今はコンビニとかスーパーで100円のでっかいのを見かけますが
当時駄菓子屋には20~30円ぐらいの超ミニサイズが売ってたような…
いや~味がなくなるまで汁吸ってましたねぇ…


27位.おっぱいアイス
中学生男子が考えた「ボクの考えた新アイス」みたいですが
正式名称はちょっと失念しちゃいました。
どこからどう見てもおっぱいとしか形容のしようがないんですね。

f:id:shinya_sheep:20170111130658j:plain

まぁ水風船に水の代わりにアイスを入れて凍らせたとかいう
超雑な発想のアイスなんですよね。
夏にプール行ったらこればっかちゅぱちゅぱ吸ってました。

店の人がハサミでチョッキンして「さぁ吸え!」とばかりに
かぶりつくんですが、アイスが小さくなると中のアイスが
ものすごい勢いで飛び出し始めるんですね。

最後のアイスの追い込み具合がヤバかったなぁ…
多分中身は何の変哲もないバニラアイスだった気がします。

※記事作成中に正式名称が「たまごアイス」だった事が判明しました…


26位.カステラ棒
丸いカステラが焼き鳥のように串に4つぶっ刺さってるってだけの
レトロな駄菓子です。
いじょーーーーーーに砂糖がまぶしてあってもう甘さはMAXでしたね。
かぶりつくとうまくカステラが串から離れてくれない、
食べる難易度が異常に高いお菓子でした…
カステラが串にこびりついて残っちゃうから、いつまでーーも
ガジガジ串をかじってましたね。


25位.きびだんご
どこが きびだんごやねん!?だんごじゃないやん!?
というか きびだんごの正解をそもそもわかってないから
昔から謎なお菓子なんですけど、
きびで作ってるんですかね?そもそも"きび"が何なのかよくわかっていません。
植物の一種ですよね?

お菓子の形状もモチのように平たい板状でモッチモチしてて
なかなかに美味ですが、子供の頃桃太郎できびだんごを知った後
「本物のきびだんごをいつか食べてみたいなぁ」という憧れもあったので
このお菓子を見つけた時嬉しかったですね。

でも一口食べてみて 「これ食べて命がけで旅についていくかな」
ほんと一瞬だけ思いました。

たぶん"きび"に動物の脳を刺激する化学物質が含まれて洗脳してるんですかね…



24位.梅ジャム
ジャムなのに一度もパンにつけて食った事がない不思議なジャムです。
この梅ジャムも「梅がお菓子って平安時代の子供ですか?」
やはり最初は懐疑的でした。
梅干しが苦手なので、梅で作ったジャムがうまいワケないと
最初から決めつけてましたね。

知った後は10円で一日中舐めてましたよね…
しかし色がね…あの毒々しい色が忘れられません…


23位.クッピーラムネ
2匹の謎のリスのマスコットが切り株の上で仲良くラムネを食べてる
やさしいかんじのパッケージでしたよね。

基本お金はあまり持ってなかったので10円のお菓子が購入のベースでした。
単価20円のお菓子からもう高い部類に入ってましたからね。
このクッピーラムネも10円で、小袋にそこそこ入ってましたから
値段の割に食べごたえがある駄菓子でした。コスパ高し!!

今でも300円位のファミリーパックになって売ってますが…
そ…そんなに要らないんです…10円単位の小袋で欲しいんですよぉぉぉ


22位.ごえんがあるよ
5円があるよ!→ご縁があるよ!って神ネーミングですね。
縁起がいいって事で5円玉をお賽銭に入れる方けっこういますもんね。

駄菓子で10円が最安値と思われてましたが、このごえんがあるよは
ネーミングどおり1個5円のチョコだったんですよね!御存知ですかね??

脅威の5円チョコ!10個買っても50円!!考えられない価格設定です。


アメ横で1000円でアホみたいにチョコ詰めてくれる、
なんでも入れちゃうオジサンいますけどね、
あれけっこう賞味期限グレーですからね…
どこの店でも見た事のない謎の味のチョコも混じってますからね…

個包装で1個5円ってどうやって利益出てんだろう…?
っていうか今も5円チョコあるんですかね??
普通においしいチョコだったし、とにかくガキの懐にも
超優しい駄菓子でした。
500円チョコ(5円チョコ100個分のデカイチョコ)でいいので
復刻してください…!!


21位.ふ菓子
古今東西駄菓子といったらやっぱり、ふ菓子ですよね!
わずか10円でお腹いっぱいになれる脅威のコストパフォーマンス!!
無限に食えますよね多分…いや2,3本が限界かな…
あの赤茶色っていうか、独特の色出てますよね。

ふ菓子っていう位だから基本ふ(麩)なんですかね。
お味噌汁に入ってる麩とかあんま味しないけど、
その麩に何かしらすんごい甘い蜜を塗って焼いてんでしょーね…
端っこの蜜が固まってる地帯の甘さがハンパないですが
あの角部屋は甘すぎるし固いのでボクはド真ん中が好きですね。


20位.ビッグカツ
いい意味でパッケージ詐欺ですよね。
とにかくクッソ美味そうな揚げたてカツの写真がバァァンと載ってるのですが
たった30円の投資で揚げたてのでっかいカツが食えるワケですよ。
ガキが買わないワケないじゃないですか!!

確かに見た目は100%カツの完コピ成功してるんですよ…
かぶりついて初めて、トンカツじゃない何かを食ってる事に気づくんですね。
味はソース味効いててガツンとうまいんですが、何だろうな?
肉じゃなくて謎のうすーーーい何かが揚げられてるんですよね…
何を揚げてるのか、ググれば一発でわかるんでしょうが
子供の「カツを食ってる」という夢をぶち壊しにしてしまうのでやめます。

ちなみに魚肉のすり身らしいですよ…


19位.にんじん
にんじんみたいな朱色の袋に、米の甘い菓子がギッシリ詰まっています。
米のシリアルみたいなあの菓子、やっぱり無限に食えますよね。
しかしこのお菓子、一粒一粒食べてたら日が暮れますよね?
コスパ高すぎます。
最初は一粒一粒をかみしめるように食うんですが
途中で全然減らなくてめんどくなってザーーッと口に流し込みましたね。

あの米菓子、やさしいパッケージからはとても想像のつかない、
なんか大砲みたいな爆音あげてブッパなして作る
超豪快な製造方法で作られとりました…


18位.チーズあられ
みなさんご存じ、食べても食べても減らないお菓子、チーズあられです。
コンビニに超でかい袋で売ってるじゃないですか?
あれ一人で食いきれる人間いるんですか?
前に一度だけ久しぶりに食いたくて買ったんですが…
いくら食っても減らないんですよ。食った分増えてんじゃないかって位
減らない謎のお菓子…!

ガキの頃は20~30円の小袋が売ってたと思いますが
やはり食べても食べても減らないので、ありがたかったですね。
味も絶妙な丁度いい味。たまーーに食べたくなります。


17位.ソフトラスク
今でもラスクは定番のお菓子ですよね。
しかしパンがギュッと凝縮したお菓子なんで、
病院おじさんとなった今はカロリーが気になりますかね…

ガトーフェスタハラダの高級ラスクも大好物であります、
子供のオヤツのイメージだったラスクも立派なおもてなしの
高級スイーツになりえるんだと再認識させていただきましたよ。

駄菓子屋で食べたラスクは、箱に無造作に入っていて1枚10円だったので
よーく食べて肥ってましたね。
そういや中学校に進学するまでは軽い肥満児気味でした。


16位.すもも
小さいパックにすももの実が一つ汁に浸かっていて
ストローで刺して吸うお菓子なんですが、ボクにはすっぱすぎて
凍らせたやつを食べていました。

このすももは本当にガキの間で流行っててみんな吸ってましたよね。
その駄菓子屋のNo.1ヒット商品じゃなかったかな?
すももの箱が、がんばれゴエモンに出てくる千両箱みたいな大きさで
駄菓子屋のおばちゃんにお願いして空箱を譲ってもらい
メンコ入れにしていました。

ミスターフリートークでも触れた事があったかと思うのですが
ボクがめんこをプレイしに行く、砂場のある公園があって
その真横に駄菓子屋が隣接してたんですね。
ガキの群がる公園横って立地最強物件ですよね。駄菓子屋としたら…

まぁその公園の砂場で毎日メンコにいそしんでたんですがね。
当時大人気だったゲームウォッチを買ってもらって
嬉しくて毎日持ち運んでたんですね。
(ゲームウォッチをヤングにわかりやすく説明するとしたら
ソフト1種類固定の白黒のDSって感じです)
で、意気揚々とその公園の砂場に持って行ってメンコに熱中してる間、
砂場の脇のコンクリのフレームに置いといたんですが…

まぁ消えてたんすよね。


当時はオレンジ色のドンキーコングが人気で品切れ状態が続いていて
売れ残ってた白いオイルパニックを買ってもらったのですが
(これが売れ残ってるだけあってあまり面白くない…)
ひとしきりメンコ終えた後無くなってるのがわかった時

さんざん探しても探してもみつからず…泣きましたよね…

本当にメンコが好きで、最初は昼頃20~30人砂場にいるんですが
夕暮れになって2,3人しか残らなくなるまでずーーっとメンコしてました。
もしタイムマシンがあるなら、オイルパニックをパクられたこの日に
戻ってみたいですね。
誰がボクのオイルパニックを持って帰ったのかすごく知りたいです…
(昔の自分を助けたりはしないんかい!!)




さて、30位~16位までの勝手な発表が終わりました。
皆さんが昼夜食べまくってた中毒お菓子はありましたでしょうか?

30位.蒲焼さん太郎
29位.宝石箱
28位.都こんぶ
27位.おっぱいアイス(たまごアイス)
26位.カステラ棒
25位.きびだんご
24位.梅ジャム
23位.クッピーラムネ
22位.ごえんがあるよ
21位.ふ菓子
20位.ビッグカツ
19位.にんじん
18位.チーズあられ
17位.ソフトラスク
16位.すもも


さて、お楽しみの15位~1位の発表は次回に続きます…