読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじのブログ

漫画家、鈴木信也のブログです。日常のことやゲーム感想など

耳鼻科で鼻から白子が出た話

 
あ゛ああああ 最低の一年の始まりだぁぁぁ!!!


鼻から茶色い白子が出るなんてぇぇぇ!!

今回は最初から最後まで徹頭徹尾、鼻水のお話です。
鼻水やムカデやパクチーが苦手な方はご注意を…!

なお これから「鼻水」はあまりに字面が汚いため、
ブログ文面を美しく保つため「鼻水」を
「膿みヨダレ」と呼称します…!
あれ前より汚いですかね?やめましょう。

鼻水の話なので、大分きちゃない話が続きます…
苦手な方はブラウザをバックして、パソコンのほうも初期化して出荷状態まで
戻してみてください…一切の責任は取れませんが…

 


実はこのブログを始めてからず~~~~っと鼻炎で悩まされておりまして
かれこれ2週間ぐらいですかね。
元旦にミスフル絵をシコシコ描いてた時も鼻の2穴にティッシュ刺し状態でしたよ。
ここ数年ずっと冬はインフルエンザや風邪が悪化するたびに
近所の行きつけの耳鼻科に通っとります。
若い頃は風邪とかインフルは自力で治すものだと思ってましたが
そうもいかなくなりました…。

年末、最初は普通の鼻水だったのに、日が経つにつれどんどん
片栗粉でとろみを出したかのような粘り気が出て黄色くなりはじめ
年明けには出たら、ゴミ箱がティッシュで満タンになる程ひたすらかんで、
鼻水のノドへの流出は阻止していたのですが
先日ついに寝ているとノドが痛くなりだしました。
今朝方とうとう口から
甘食を丸一日水でもどしたみたいなショッキング物体が…
こいつが諸悪の根源か!?みたいな暗黒物質のような…何かでした…!

「いやぁぁぁ 口から茶色い白子出たぁぁ
これワシの脳みそ溶け出したんちゃうか~~~~」


まぁ風邪が悪化したのをずっと薬も飲まず医者にも行かずの抵抗運動してたら
これですよ。 言ってしまえばクソでっかいタ●??なのですが。(汚い…)

ワシも老化が進んだなあ…DBのギランのグルグルガムみたいなもんが
自在に出せるようになるなんて… 若い方は絶対タ●なんて出ませんよね?


子供の頃、昼間からワンカップ大関おじさんがいて、道の端で
「カーーーッ ペッ」って口からツバ吐いてるように見えたんですね。

しかしツバにしては、やけに溜めて出すなぁ 波動砲かな?と思い
そのツバを見ると、ボクらのツバとは違う…
遊星からの物体xだったわけですよ…まぁとってもきちゃないワケです。

本当に汚い内容のブログ記事だ…

口もモゴモゴしてるし、口の中でマヨネーズ生産してるのかなと
思ってました… 大人になって知りました、その謎のツバの正体が
鼻から流れてきて溜まった鼻水のなれの果てだなんて…

そしてまさか自分も41歳にして昼からワンカップおじさんになるだなんて…




そもそもですよ。ここ数年は1年に何度も風邪やらインフルやらにかかるんです!


生まれてから今現在過去から昔、これから未来に至るまで
友達など絶無のコミュ障のボクとしてはありえないわけですよぉ!

こんなに人から風邪をもらうのは……!!!


まぁ…うちのガキんちょが
幼稚園で毎度とれたて新鮮な風邪の菌を仕入れてくるわけですよ。
仕入れちゃ家族で風邪菌を美味しくいただき…すぐさま家庭内パンデミックして
治った頃にまた仕入れて治して仕入れての繰り返しで…

そんなにウチに風邪を仕入れて何の商売を始めたいんでしょうかね!?


そしていよいよ朝方ボクの頭も痛くなり、ブログを書くのもままならなくなり
耳鼻科に駆け込みました。完全にいつものパターンです……

最初風邪気味かな?ってなって、この位なら自力で治せるってなって
どんどん悪化していってもう市販薬とかじゃ焼石に水になって
お医者さんに助けを乞う、いつもの黄金パターンです。

何回目だこのパターン……



初めて近所の耳鼻科さんにお世話になったのは、
数年前「鬼畜の菊池くん」というウェブ漫画のネームを描いている時期があって
その頃に風邪が悪化に悪化して咳が止まらなくなって
ついには咳するたびに激痛が走って、血痰が出るまでいって
初めて近所の耳鼻科に駆け込んだんですね。それ以来の付き合いです。


しっかしワシのエントリ…
8割は医者の話じゃない?

コイツいつも病院行ってんな…
今のとこ病院8割ゲーム2割ですね。病弱なブログですね。




そして近所の耳鼻科さんへ



ボクの足繁く通う耳鼻科は、ちょっと昔からある感じの
いい感じに築年数経ってる渋い病院で、
おばあちゃん医院長と院長の娘さん??かはわからないけど
女先生の2人デュオです。

押し寄せる患者を、さながら 由紀さおり安田祥子のコンサートのように
2人でいい感じにハモりながらバンバンさばいてたんですね。
で、いつしかボクがおばあちゃん先生に心音を聞いてもらう事になった時
胸に聴診器を当てていたら娘さん??先生に交代になったんですね。

「あっ…(察し)」って…

切なかったですよ~ボクは初診の時からおばあちゃん先生が担当で
とっても優しい物腰で、ホント国民的な理想のおばあちゃん。
森光子さんみたいに歳をとられても聡明な方で、よく話を聞いてくれる
良い先生だったのでちょっとショックでした。
そんなに耳がとおくなられてるなんて…

その後ボクの主治医はそのまま娘さん??先生に替わったみたいで
そちらの先生にばかり診てもらうようになりました…
最近は病院に来ても、おばあちゃん先生が休まれてる事が多く、とても気になります…


で、先日はやはり娘さん??先生がソロで大奮闘でした。

娘さん??先生はどんなに混雑していてもしっかりはっきり丁寧に
説明してくださるのでボクは絶大なファンになっております!
何か差し入れしたいぐらいのファンぶりです!!
診察時間終了時に先生の出待ちをしたいぐらいの熱烈なファンではありますよね。



1人でさばくので客はごったがえしてましたが、1時間待ち先生の元へ…

「今朝から頭も痛くなってきて…」

それを聞くと、ボクの大事な鼻のお口をこじあけて極太のライトをねじ込みます。

他の女にはそんな大事なところ絶対に許しませんよ。
それはもう、この娘さん??先生に絶大な信頼をボクは寄せてますからね。
だからこの方にならどんな奥まで突っ込まれて見られても良いわけですよ!



さて、ここまでで皆さん、どんな美人先生を想像してますか?…



もうねマジな話ここの耳鼻科さんを出禁にされたらボクは死亡決定なんですよ。

だから例え、ボクのトロけた脳が女相撲の横綱と認識してしまったとしても
それは幻で、佐々木希似の超美人女医さんなんですよぉぉぉ!!!


人に鼻の穴のアナルを見られるのはかなり恥ずかしくないですか?
ヘタしたらケツの穴見られるより恥ずかしいわけですよ。
だってだらしない鼻水やら鼻クソやら鼻毛まで全部丸裸にされて
見られちゃうわけですから…



「う~~~む この感じ…
蓄膿がたまってるかもしれませんね」


「ち… ちくのう…?」

鼻水でなく蓄膿ですか??確かに今朝方から茶色い白子が出てきましたけど
蓄膿ってちょっと漢字で書くと字面が恐ろしすぎませんかね?


まず「鼻から蒸気吸って」と言われて
耳鼻科さん定番アイテムの、蒸気をシュワーって吸うやつ、
ネブライザーをやる事に…

「鼻で蒸気を吸って口で出してくださいねー」なんて
助手の看護師さんは軽く言いますけどねぇ、

ボクはほっしゃんみたいにハナからうどんを自在に出し入れできるほど

鼻と口の繋がる穴ガバガバじゃないんですよぉぉ
そんな うどん出し入れ芸 誰でもできるもんじゃ……

「あれ… 気持ちいい…」

べ…べつに簡単に鼻から蒸気通ったけど…遊んでるワケじゃないんだからね…
は…はじめてなんだからね!
あっ実はもう結構通い倒してるんでボクの鼻から口に通じる穴はガバガバです。
どんだけ遊んでんだってくらい蒸気通ります…



その後、元女相撲横綱の先生から
「鼻の写真を撮るから、いっしょに別の部屋に来てくださいね」との事… 
えっ!? ワイこれから先生と出稽古でるんすか!?


つーか写真撮るって初めてですよ。ワイの鼻そんなに深刻なのか!?
先生にどんなかわいがりを受けるのかドキドキしながらついていくと
最新機器の整った部屋へ…
もう何回も通院してる医院ですが、別部屋に通されたのは初めてでした。

まさかこんな古ぼけた味のある医院さんにこんな最新テクノロジー施設が!

(あまりに医院が渋いから、鼻から蒸気吸う機械とか
戦前の機械かなって感じで手動で動かしてると思ってました…)

なんか田舎のおばあちゃん家に帰省したら
最新の機材揃えて配信してるYou Tuberおばあちゃんを目撃してしまった心境です。
いいなぁユーチューバーおばあちゃんって響き…
コンピューターおばあちゃんみたいな歌できないかな?




先生「鼻と口を机にベチャッてくっつけてくださいね」
ワイ「…は…?よくわからな…
先生「だから こーですよ」
先生に机に顔面を押し付けられる形になりました。伝わってますかね?

女子校の陰湿イジメ大全に載ってる

髪をつかんで水たまった洗面所に顔面バシャの姿勢です 伝わりました?

因みにボクが受けた軽めなイジメ(KMI)
朝学校行ったら机が逆になってた事と
さらにエスカレートしてボクの机が廊下に出されていた事ですね。
あ…あれ目からしょっぱい水が……


何パターンか机に突っ伏して写真を撮りまして
元の診察室へ… 写真を見せてもらうと
そこにはボクのドクロの写真が…

ワシ「……………………!」



よかったぁ~~スナッチャーじゃなくて~~


自分がいつの間にか人造人間にすり替わってないか心配でした。
いや~年末年始と、自分のドクロの写真見たり
目の写真見たりワシ散々やなぁ……


副鼻腔炎と診断されて



「鼻の中の周りには上顎洞(じょうがくどう)、 篩骨洞(しこつどう)、 
前頭洞(ぜんとうどう)、 蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)という
4つの空間が空いているのですが、左側の上顎洞、ここに鼻水が溜まって
白く写ってますね。これが蓄膿です」


ひぃぃぃ鼻水って溜まりすぎたら全部鼻から喉に通過するんじゃないの!?
控え室あるの!?4つも!?そこがもう満員!?
第4駐車場まで満車なの!?

左側の頭が痛かったのも、左の上顎の駐車場が満車状態だったからだそうで…
ああああどうして色々重病化してんだよ…

蓄膿なんていう謎の物質が自分の頭の中で勝手に路駐しまくってたなんて…




先生「じゃあこのままお薬飲んでも効きにくいんで
溜まってる膿みをどばーーっと出しちゃいましょう」

ワシ「…へ?」


先生「この鼻と上顎洞を隔てるカベって意外と薄いので

この針をぶすーっと刺して出しましょう。さ、麻酔かけますよ~」


ひぃぃぃ 耳鼻科来てまさか麻酔の要る外科的治療があるなんてぇぇぇ!!


麻酔ってまずその麻酔の注射がクソ痛いから麻酔をするための麻酔を
してくれないかなとか思ってると
問答無用に麻酔液でヒタヒタにしたありえない長さの綿を
鼻の奥へ奥へと詰め込まれました。

「や…やめてぇぇ そんな長いの入らないよぉぉぉ」

先生に一方的に鼻レ●プされました。メチャクチャに鼻穴を犯されました…

先生はひとしきり鼻穴に異物をねじ込むと、気が済んだのか
「しばらくそっち(診察室のすみっこ)にいてね」と
鼻穴に大量の麻酔綿を詰められたまま放置プレイですよ。
あんなにボクの鼻穴をもてあそんでおいて…

だいぶ長いことぼっちで
「今日は鼻水止める薬出してもらうだけで帰る予定だったのに…」と
待機していると、ボクを呼ぶ声が。再び診察イスに通されると

「ハイ イス倒しますね~」


「えぇっ!?このイス倒せたの!?もう何年も通ってるけど
一度もそんな機能使いませんでしたよね!?」
ウィィィィンと診察イスが歯医者さんのイスのように
リクライニングしはじめました。


元女相撲ワールドチャンプの先生がにっこり
「じゃあまず麻酔綿をとって、鼻の裏側に針刺しますけど
やわらかい骨の所なんで、ゴリッと音しますからね~」


私…されちゃうんだ… これから鼻のお口に針刺されちゃうんだ…

観念するとイヤホンプラグぐらいのごっつい針が目の前に…!!

「うわぁぁぁ思ってた針と違うぅぅ
いいの!??骨に穴あけて!?ゴリッてそれ骨の音でsy

ゴリッ

本当に 鶏の軟骨を噛み砕く音が鼻の奥でして
蓄膿が満載されている部屋へと開通しました。


「ハイ 穴が通りましたから、この皿を持って受け止めてくださいね。
これから洗浄液で洗い流しますから
私と一緒に口を開けて、あーーーーーと言いましょうね~」

「へ?へ??」

洗浄剤がジャーーーーと流れだし

先生「あ゛ーーーーーーーーーーー」

ワシ「あ゛ーーーーーーーーーーー」


どろどろとお皿に白子のようなものが…!!!


一瞬脳みそがとろけて出てったのかと思いました。

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」

こんなにワシの頬袋に鼻水が溜まってたんかい!?
ワシこんなもん溜めるために2週間近く格闘してたんか!?


しかし普段は突っ込まれない秘密の部屋を洗浄液で洗われると
声にならない声が出ます。

「 あ…  あ… 」

あれ?この声って某ハンターで脳みそいじくられてる時のあの声ですか?

そっかーひとつ勉強になったぁ!
鼻の中に穴開けて洗浄されてる時ってこんな気持ちになっちゃうんだなぁ!

しっかし先生中身を洗って蓄膿を出す時
あきらかにこっちのびっくりリアクションを見て楽しんでましたよね。
本当びっくりするほど汚い白子が出てくるから、
声を出しつつも目がギョッとしちゃうんですよね…

f:id:shinya_sheep:20170109175122j:plain


最後に一週間分の薬をいただき今に至るのでした…


皆様も、鼻水が黄色くなって異様に粘り気のある鼻水が長引いた時は
注意ですぞ… 耳鼻科で鼻から白子出てきたら絶叫しますから…